交通事故の豆知識:無断運転の場合

従業員が社用車を無断で持ち出して交通事故を起こしてしまった場合、会社側にも責任が問われるケースは珍しくありません。このようなケースで問題となるのは会社が運行供用者責任(自賠法3条)に基づく損害賠償責任を負わされるのかどうかで、具体的には運行供用者責任の要件となる運行支配と運行利益が会社に対して認められるのかどうかという点です。

まず社用車を使用したという場合、雇用関係が存在しているのは確かで使用目的も社用であることが考えられ、会社に運転支配と運用利益が存在するものとして裁判で会社の責任が認められることが多いです。また休日に業務外で起こった事故の場合でも、被害者保護の見地から客観的・外形的にみて会社に運行供養者たる地位があるとみなされ、会社が責任を負うことになる可能性は高くなります。これは雇用関係だけでなく、家族や友人関係でも同様です。車の所有者が無断運転者の運転を容認していると客観的に判断できる場合や、客観的・外形的にみて所有者の運転支配が及んでいると判断できる場合には、交通事故で相手に与えた損害に関して賠償責任を負うことがあるのです。もちろん、タクシーの運転手や運送会社の運転手が交通事故を起こした場合も同じです。車の運転に関する仕事に従事していて車の鍵の持ち出しが自由になっていた場合や、鍵を差したままになっていたなどの事情があれば事故車に対する運転支配・運行利益を有していると認定され、自賠法3条の責任が認められることになってしまうのです。

盗難車が交通事故を起こした場合など、所有者が自動車の管理責任を全うしていて賠償責任を負う必要がないと判断できる場合には、自賠責保険や自動車保険の「対人賠償保険」「対物賠償保険」の対象とはなりません。これは対人賠償保険や対物賠償保険が、被保険者が法的な賠償責任を負った場合に限り、保険契約に基づいて保険金の給付が受けられる仕組みとなっているためです。このように社用・私用を問わずに会社側・所有者が責任を負う傾向が強いので、経営者・所有者は徹底した管理を行い、無断運転をすることがないように指導をすることが大切であると言えます。
交通事故 弁護士 神戸